• 当面の間、ご来店は予約制とさせていただきます。予約を希望される方はお問い合わせフォームに入力して送信してください。(入店可能な日時:月~土 11時~15時)

  • ▲オンライン通販はこちら
  • お菓子と懐紙

    2012/01/02

    あけましておめでとうございます。
    どんなお正月をお過ごしでしょうか。

    私は年末に実家に帰ってきてから、久しぶりにゆっくりとした時間をすごしながら、
    懐紙の使い方などを考えています。

    懐紙はいろいろな場面で活躍しますが、折って使うことが多いのではないでしょうか。
    なんといっても”紙”ですし、日本は折り紙文化の国ですから。

    私も、折り紙の本を見ながら、懐紙でできることはないかと考えることがあります。
    今日、こんな折り方を見つけました。

    「ちりとり」という名前が付いているとおり、そのものですが、
    解説にあったとおり、お菓子を載せてもいいと思いました。

    お菓子の種類だけ折って、きれいな折敷やお皿の上に乗せれば、
    あられも格が上がったように見える・・・というのは良く言い過ぎでしょうか。

    残ったお菓子は包んでお土産にお持ち帰りもできます。こんなふうに。

    小さい子供たちには、包み方を教えてあげると喜ばれそうです。
    大人も同じかもしれません。

    今年もいろいろと工夫して、懐紙の使い方をご紹介していきたいと思います。

    今年も、懐紙と辻徳をよろしくお願いいたします。

    懐紙・紙布のお買い求めはこちら