▲オンライン通販はこちら

懐紙とは

懐紙の使い方について

懐紙とは

「懐紙=かいし」について、 どのようなイメージをお持ちですか?
茶道で使うもの、、、和食で使うもの、、、 といった感じでしょうか。 そもそも懐紙自体をご存知ない方も多いかもしれません。

現在、懐紙が最もよく使われるのはお茶席です。「懐紙=茶道具」といったイメージを持っている方も少なくありません。

ですが、懐紙のことをよく知ると、決して茶席専用の紙ではないことがわかります。

懐紙とは、この字の通り「ふところにいれて携帯する紙」です。
着物がまだ一般的な普段着だった頃までは、常に懐に入れて持ち歩き、 現代でいうところのティッシュペーパーやハンカチ、メモ用紙など、 様々な役目を持った、生活になくてはならない便利なものでした。

辻徳はその懐紙の原点に着目し、自由に様々な用途に使える紙として、 現代で 懐紙を使うことをおすすめしています。

また、懐紙入れや懐紙は女性が持つもの…と思ってはいませんか。
懐紙は男性女性にかかわらず、だれもが持てるアイテムです。

お酒の席でコースター代わりにしたり、お金を渡すときにお札をむき出しにせず、懐紙に挟んで渡す、というのも大人のたしなみと言えます。

また、懐紙の良さは、一枚の紙が「書く」「拭く」「包む」というすべての用途に対応しているところです。目的別に作られている洋紙など他の紙との違いはここにあります。

食事のとき、メモ用紙として、ポチ袋など、持っていて良かったと思うシーンが必ずあります。
毎日持っていると何かしら使い道があることにも気がつくはずです。

辻徳では普段から持ち歩きたくなるようなデザインのものを日々開発しています。

あふれるほど物があるこの時代に、あれもこれもと持ち歩くのではなく、「懐紙」を使う。

あなたもそんなシンプルでプチ贅沢な暮らしをはじめてみませんか。

懐紙の使い方​

懐紙をどう使ったらいいですか?とよく聞かれます。
ここでは辻徳がおすすめする、懐紙の使い方の紹介します。

・敷き紙として

・メモ用紙や一筆箋に

・心付けを渡すときに

・食事の時に口元をふく

・折りたたんでコースター代わりに

・テーブルにこぼしたものを拭き取る

・ハンカチ代わりに

懐紙の中には吸水しにくいもの(にじみ止め加工あり)と吸収性のよいものがあります。
用途によって使い分けることをお進めします。

※お菓子を乗せる時は、できるだけ印刷部分に水気のあるお菓子が触れないようにしてください。
総柄の場合は裏側を使うか、柄のある面に硫酸紙等を載せてお使いください。

※印刷には、発がん性や毒性のあるインクは使用していません。

ご注意ください:”植物性インクを使用しているので安全です”と書かれている商品がありますが、植物油インクは食品対応ではありません。

辻徳の懐紙の種類

懐紙の種類 にじみ止め お勧めの用途 使用されている懐紙
白懐紙 なし 食事の席、敷紙、コースター、お茶席、手紙、メモ等 無地懐紙、イラスト入り懐紙、型押し・型抜き懐紙、まめ懐紙
白懐紙 あり 水分のあるお菓子等の敷紙、手紙、メモ、熨斗紙(りぼん懐紙)等 りぼん懐紙、イラスト入り懐紙(一部の商品)
藤、桜、水色懐紙 あり 水分のあるお菓子等の敷紙、手紙、メモ等 無地懐紙、イラスト入り懐紙、型抜き懐紙(さくら)
黒懐紙 あり お菓子の敷紙、手紙等 無地懐紙、型抜き懐紙(あしあと)
懐紙・紙布のお買い求めはこちら