• 実店舗開店時間:10時~12時、13時~17時(日曜と祝日は16時まで)4月と5月は日曜日も営業します。

  • ▲オンライン通販はこちら
  • 懐紙のお手拭

    2014/07/31

    暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか。


    私はちょっと夏バテ気味。
    年々、体調の維持が難しくなっていると感じる今日この頃。
    体のことを知るいい機会!と前向きにとらえたいと思います。


    さて、これまでも折につけお話ししてきましたが、
    懐紙をお勧めする理由を改めてご紹介します。


    懐紙の特徴として、

    適度な厚み
    吸収性の良さ
    ほどよい大きさ

    を上げることができます。


    拭くこともできて、
    書くこともできる。
    小さなものだったら包むこともできて、
    持ち歩きにも適している。


    これが全てできるのが懐紙の良さです。


    その良さを活かした使い方をもう一つ発見しました。

    こげ茶色のテーブルに黒い盆なので、わかりにくいかもしれませんが、

    懐紙を二つ折りにして入るトレーなどに懐紙を置き、
    スプレーでたっぷりと水を含ませます。


    後は、食事の時にウェットティッシュ代わりに使うだけ。

    食事中に口や手をふくのは、おしぼりでも構いませんが、
    横れたものを使い続けるのは抵抗があります。

    こうして懐紙を用意しておけば、その都度きれいなものが使えますし、
    ウェットティッシュの箱を置くより品がいいと思います。

    たまった懐紙の使い道としてもおすすめします。

    懐紙はすぐに乾いてしまうので、スプレーを近くに置いたほうがいいでしょう。


    気を付けていただ生きたいのは、懐紙には吸収性がないものもあるということ。
    水分のあるお菓子を置くときにはそのほうがいいのですが、
    おしぼり代わりにするときは水を吸いにくい懐紙は使えません。

    ちなみに、辻徳の懐紙も吸収性のあるものとないものとがあります。
    「にじみ止め加工あり」の記載があるものはこういった使い方はできませんので、
    ご注意ください。


    懐紙、たくさんあって使いきれないと思っている方は、是非お試しください。

    懐紙・紙布のお買い求めはこちら