• ▲オンライン通販はこちら
  • 懐紙でほうじ茶

    2011/01/28

    ギフトショーの出展準備に追われる日々です。
    忙しいと間違いも多くなって、お客様にご迷惑をお掛けしてしまうことになります。
    つくづく情けなくなってちょっと落ち込み気味です。

    茶でも飲んで一服したほうがよさそうです。
    と、、、、そうだ、茶壷に入ったままの古いお茶があったっけ、、、

    と出してみるとやはり色も香も無くなっていました。
    捨てるにはもったいないので、焙じることにしました。

    ステンレス製の油分のしみ込んでいないフライパンを使います。
    そこに、さらに懐紙をしいて、古くなったお茶をのせて、弱火でゆっくり熱を加えます。

    時々フライパンをそっとゆすって、お茶の葉を動かします。
    こうすると均等に熱が加わります。

    しばらくすると、懐紙が少し茶色になって、お茶からかすかに煙がたちます。
    素早く、熱湯を入れた急須の中にいれます。
    ジュっとお茶がおとをたてます。

    なんとも香ばしいほうじ茶が出来上がります。
    (ます。ます。の連続!)

    くれぐれも一度にたくさん作っておくのは止めてください。
    面倒でもいちいち入れるのがおいしく作るこつです。
    それから、火事には気をつけてくださいね。

    フライパンを火にかけたら目を離さないように!!!
    焙じすぎにも注意してください。燃えてしまいますから。

    懐紙・紙布のお買い求めはこちら