• 当面の間、ご来店は予約制とさせていただきます。予約を希望される方はお問い合わせフォームに入力して送信してください。(入店可能な日時:月~土 11時~15時)

  • ▲オンライン通販はこちら
  • 懐紙の活用~お皿を傷つけないために~

    2011/09/28

    久しぶりに懐紙の使い方について書きます。

    先日、ショップに来られたお客様が、

    「懐紙っていろいろ使えていいですよね。
    私は傷がつかないようお皿の間に挟んで使っています。」

    とおっしゃいました。

    こんな風でしょうか?

    確かに、陶器の底はざらざらしていて、重ねたときに下のお皿を傷つけてしまう心配がありますから、納得です。
    懐紙は一年に一度ぐらいは替えていますということでした。

    大切な食器を傷つけずに長く使いたいという、物を大切にする気持ちが懐紙にあらわれていますね。

    それにしても、ここはやはり懐紙でしょう。
    大きさと言い、丈夫さと言い、まさにうってつけの一品!ではありませんか。

    ただ、注意事項として、塗りの器には使わないでください。懐紙で表面が傷つく事もありますから。

    懐紙・紙布のお買い求めはこちら